AGA治療としてデュタステリドは処方されない理由

薄毛が発症する原因としては様々なものが挙げられます。中でも最近特に注目されるのがAGAという病気です。男性ホルモンが過剰に働き過ぎることで頭髪の成長を妨げる物質を分泌するというこのAGAの症状ですが、クリニックでは治療薬の処方などで専門的な治療が行われます。

AGA治療薬には複数の飲み薬がありますが、中でもデュタスは世界的にも名前が知られています。同じAGA治療薬のプロペシアが5αリダクターゼの2型しか抑制できないのに比べて、デュタスは1型も2型もどちらも抑制できるので、より薄毛改善の面で効果を発揮することができます。

しかしながら現状ではこのデュタスも日本におけるAGA治療薬としてお医者さんから処方されることはありません。服用を始めた一か月くらいは初期脱毛が起こりやすかったり、または肝臓に負担がかかったりと副作用の点でも幾つか注意すべきところがあります。またデュタスはそもそも前立腺肥大症の治療薬の開発中の治験にて発毛効果が見られたことによって注目が集まってきました。しかし日本ではAGA治療として正式に認定されているわけではなく、そのため一般的なクリニックでもあくまで前立腺肥大症の薬として処方されています。これからの数年で状況が変わる可能性もありますが、今のところはそうなっているのです。

薄毛に悩む人の中にはそういった医師の診療や処方を得なくても通販にてデュタスを手に入れている人も数多くいます。日本国内の通販サイトが海外から取り寄せて販売している場合もあれば、海外のサイトにて決済した上、国際便にて取り寄せている人もいるほどです。ちなみにデュタスはジェネリック医薬品なので通販にて価格的にも安く薄毛治療を行うことも可能です。