デュタステリドの副作用のリスク

誰にとっても薄毛を抱えるのは嫌なもの。しかし、その薄毛に至った経緯をつぶさに洗い出し、その源にあるものを改善したり治療したりすることによって大きな効果を得られる場合もあります。特に男性型脱毛症で薄毛を発症している人にとっては、その原因が病気であることからもそれさえ治せば失われた毛髪を取り戻せる可能性が浮上してきます。

男性型脱毛症の治療薬として有名なのはクリニックでも処方してもらえるフィナステリド配合のプロペシアなどが代表的ですが、一方で通販などで手に入れることができるデュタスという飲み薬もあります。このデュタスはフィナステリドではなく、デュタステリドという成分を含んでいます。これは男性ホルモンの中の5αリダクターゼの1型と2型の両方を抑制することができて、頭髪の成長を阻害するDHTが組成されるのを防ぎます。フィナステリドがリダクターゼの2型しか抑える効果がないのに比べると、デュタステリドを配合したデュタスの高い効果は一目瞭然です。

ですが通販などで取り寄せたデュタスを服用するにあたっては副作用についても知っておく必要があります。まずは男性ホルモンの5αリダクターゼを抑えることによって精力の減退や勃起不全といった症状が出る可能性があります。また精子量が少なくなったり、排尿時の違和感を抱えることがあったり、頭痛および下痢などの症状に悩まされるケースもあります。これらの発症率は5パーセント程度にとどまってはいるものの、もしも服用する中でこういった症状に見舞われたなら利用を止めて様子をみることが望ましいでしょう。

それにデュタスは利用したての頃に髪が抜け落ちることがあったり、いったん使用を止めるとこれまでに生えてきた部分が抜け落ちてしまうというケースもあるようです。いずれにしてもデュタスは通販で購入すると極めて安く、クリニックに通うよりも安価で薄毛解消に取り組むことが可能となります。