デュタステリドとプロペシアの違い

男性にとっては、頭皮の生え際などで薄毛が進行してしまう症状の悩みを抱えている人が多いと言えます。
そのような男性型脱毛症の治療薬として、世界中では研究開発が進んでおり、様々なAGA治療薬の販売が行われています。
日本の医療機関でも専門医の診療を受けることによって、処方してもらえるAGA治療薬にはプロペシアがあります。
プロペシアに含まれている主要成分としては、フィナステリドというものが含有されているわけですが、フィナステリドの特徴としては5αリダクターゼの2型にしか効果を発揮しないことがわかっています。
5αリダクターゼは男性型脱毛症の原因とされる、DHTを生成してしまう酵素となるもので、5αリダクターゼの働きを弱めることができれば、薄毛の原因となるDHTを少なくすることができますので、その効果によって薄毛の進行を止めることが可能となります。
一方でデュタスに含まれている有効成分は、デュタステリドといいます。
デュタステリドはプロペシアに含まれているフィナステリドとは異なるもので、5αリダクターゼの2型だけではなく1型にも有効です。
そのために、1型と2型の5αリダクターゼに対して同時に効力を発揮できるデュタステリドのほうが、AGA治療薬として効果が大きいと考えられています。
デュタスはプロペシアとは違って、医療機関で処方されない薬となります。
デュタスを購入するためには、インターネット上で通販サイトを利用して購入する方法が主流と言えます。
デュタスはAGA治療として効果が大きいものですが、効力が強くなるために副作用のリスクについても把握しておく必要があります。
購入するために通販サイトを利用する必要がありますが、個人輸入によって海外から取り寄せている医薬品になります。
通販サイトをしっかりと確認して、副作用の記載を見て、注意したうえで購入するようにしましょう。

■AGA治療にはコレが効く!
絶大な評価のあるエフペシア